ネイルスクールに通えばプロへの道が開ける

女の人

美を追求する仕事

ヘアアレンジ

取得方法やコツ

ヘアメイクの仕事には、資格は必須ではありません。しかし、ヘアメイクの資格があった方がやはり就職や転職のときに多少有利に働くことは確かです。ヘアメイクの資格には、ヘア関係の資格である美容師免許や、メイク関係のメイクアップ技術検定試験などがあります。美容師免許は国家資格であり、養成学校に通う必要がありますが、メイクアップ技術検定試験の場合は通信講座などでとることもできます。ヘアメイクはヘアとメイクがセットで行うことが多いので、なるべく両方の資格をとっておくことで活躍の場が広がります。ヘアメイクの仕事と一口に言っても、仕事内容や就職先は多岐にわたります。モデルや芸能人のヘアメイクを担当するヘアメイクアーティストという道もありますし、美容院に就職して成人式や結婚式の参列時のヘアセットやメイクを手がけるという方法もあります。あるいは結婚式場や写真館に就職して花嫁にメイクやヘアセットを施すという働き方もあります。ヘアセットを専門に行うか、メイクの方を専門に行うかでも変わります。まずは自分がどのようにして働きたいかを明確にしてから資格について考えるべきでしょう。ヘアセットに力をいれたい場合は、美容師免許があるとぐっと活躍の場が広がるため、美容師免許をとっておくのがおすすめです。ヘアメイクは実践的な要素が多いため、実務をつむのも重要です。しなし、やはり基礎がしっかりしていないと実務をつんでも身につかないこともあるので、知識をつけることもしっかり考えておきましょう。